街金 審査 落ち

街金 審査落ち

 

  1. 絶対に借りれるとは言っていない
  2. 街金で申し込みブラックで審査落ち?
  3. 街金でも審査落ちはあるの?
  4. 大手消費者金融審査落ちでも街金は審査落ちではない?
  5. 街金の賢い利用法

 

 

絶対に借りれるとは言っていない 

信用情報機関で、ブラックでも、
借入ができるとされる、中小消費者金融や街金。

 

甘い審査で、たいていの方は、
借りられると、考えているでしょう。

 

ところが、審査落ちもあります。

 

絶対に借りれる保証は、ないです。

 

各情報サイトでも、審査次第で、
キャッシングができると、あります。

 

見出しで、ブラックキャッシングとか、
ブラック対応、ブラックOKとあるのは、借りられない方もいることを、
内容の感じで、誤解している方も、少なくないです。

 

審査は甘いということは?

ブラック融資は、ブラックキャッシングで、
金融事故がある方でも、借入ができることを言います。

 

ただし、審査があることは、いずれも強調されていて、
柔軟審査、独自審査などで、
金融事故前提の、審査をしてくれるというだけです。

 

その上で、審査通過ができるのが、
ブラックキャッシングということです。

 

ブラックキャッシング成功者

街金、大手消費者金融にて、
ブラックリストになった後でも、
借入ができた方には、共通点があります。

 

それは収入があることです。

 

消費者金融では、自身に収入があることが、審査の基本です。

 

それが、アルバイトやパートなどでも良いのですが、
毎月は、一定の金額の収入が、証明されることが必要です。

 

多いに越したことはないのですが、
必要なことは毎月きちんと収入があり、返済ができることです。

 

 

延滞していては審査落ち

街金に来た理由が、他社の返済のための場合、
延滞をした状態での、申込をする方がいます。

 

A社の返済日を過ぎているけれど、
ここの街金で借りてから返済をする。

 

A社の延滞解消のための申込では、
必ず審査落ちになります。

 

これが、どこかでA社の返済をして、
その金額の申込なら、まだ良いでしょう。

 

どんな形でも、延滞をして申込をしたら、
絶対に借入ができないのです。

 

ブラック融資では、延滞は厳禁です。

 

街金でも審査落ちがあるなんて

ブラックキャッシングというと、金融事故を起こした人は、
誰でも借りれると言うのは、大きな間違いです。

 

甘い審査で申込ができるけれど、
審査内容は、じっくりと行う厳しいものです。

 

債務整理や、多重債務などの、名目のある金融事故以外にも、
色々な観察をしてから、審査結果を出すようです。

 

ブラックOKは、審査ができると言うだけです。

 

審査落ちもある程度覚悟が必要で、少なくとも街金に申し込む時、
返済ができない、多重債務があるだけで、
この先の借金はしないほうが良いと、判断されます。

 

ブラックキャッシングは、お金が入手できて嬉しいけれど、
その分、返済が増える事は覚悟して下さい。

 

街金で借りれた瞬間に、
債務整理をしなければならないことになる。

 

これでは、本末転倒なキャッシングになります。

 

▲メニューに戻る

 

 

街金で申し込みブラックで審査落ち?

申し込みブラックをご存知でしょうか?

 

金融機関に短期間で、何社も申し込むことです。

 

審査落ちなのに、次に申込を繰り返すことで、
いちいち、個人信用情報機関に記録がされます。

 

この申し込みブラックをしてしまうと、半年間のブラックリストになります。

 

大手消費者金融や、銀行カードローンは、
半年間審査落ち続けることになります。

 

街金では申し込みブラックOK

これはよく言われることです。

 

大手消費者金融や、銀行カードローンと、審査基準が違う街金では、
申込ブラックは、審査落ちの原因にはならないのです。

 

そのまま借入ができるのですが、最初の、
大手消費者金融の、審査落ちの原因が、
街金の、審査落ちの原因と同じ事もあります。

 

この場合、申し込みブラックが審査落ちではなく、
もともと、消費者金融の審査に通らないことが原因になります。

 

どこも借りられないということね?

大手消費者金融も、街金も、
同じ貸金業法の法律で、キャッシングの審査が決まります。

 

ここで共通する審査では、
無収入と、総量規制以上の、キャッシングができないことです。

 

収入に関しては、口頭で確認だけではなく、
在籍確認や、収入証明書が必要です。

 

また、総量規制に関しては、年収3分の一と決まっています。

 

これ以上のキャッシングは、絶対にしないのです。

 

ですから、申し込みブラックになったときに、大手消費者金融の申込時、
総量規制以上の申込や、収入がない状態である場合、
街金でも借入ができないのです。

 

 

申し込みブラックの罠

街金は、申し込みブラックとしての審査落ちはないのです。

 

キャッシングの仕方について、返済ができないと判断されることでも、
借入ができないです。

 

金融事故を起こしても、キャッシングができるとされる街金です。

 

信用情報機関の内容で、延滞があったり、すでに多重債務の借入件数が多いなど、
ブラック情報があると、実は審査落ちになる場合があります。

 

簡単ではない街金審査

街金では、審査に時間をかけます。

 

機械化が進んでいない事も原因ですが、
信用情報機関の内容や、収入などの審議内容が多いのです。

 

大手消費者金融では、コンピューターで簡単に処理が可能ですが、
街金では、人力で微妙な審査が続けられることになります。

 

ブラック融資には時間がかかるものです。

 

そして、ブラックでも返済ができない方には貸さないのです。

 

借りたいけれど、街金の審査も通らない場合は、
債務整理か、このままキャッシングができない事実を、
受け止めるしかないでしょう。

 

そんなバカなと思ったとしても、これが現実です。

 

申し込みブラックだけでの審査落ちではなく、完全に借りることができない、
最悪のブラック情報である場合、申し込みブラック抜きで審査落ちなのです。

 

▲メニューに戻る

 

 

街金でも審査落ちはあるの?

大手消費者金融で、借りられない方が申込むのが、街金です。

 

ここの売りは、大手消費者金融や、銀行カードローンで、
借りれない人でも、借りれるのが特徴です。

 

街金とは中小消費者金融のこと

街金、消費者金融の一つで、
信用情報機関、申し込み情報から、審査をする貸金業者です。

 

カードローンがあるところは少なく、振込キャッシングが主ですが、
甘い審査が、口コミで言われています。

 

多重債務者も、債務整理者も、借入ができる場合がありますが、
厳密に言うと、必ず借入ができるとは言い切れないです。

 

融資実行率では、大手消費者金融50%に対して街金は70%です。

 

これが100%にならないのが現状です。

 

審査が甘いのにどうして審査落ちになる?

それは甘い審査の基準があるからです。

 

街金では、多重債務者の4社と、総量規制範囲内が、限界です。

 

大手消費者金融では2社ですが、総量規制は同じです。

 

また、延滞と無収入は、
大手消費者金融も、街金も審査落ちです。

 

多重債務で、すでに返済がすごいのに、
まだ借りたいと、総量規制範囲内で申し込みをしたとします。

 

しかし、すでに借入と毎月の負担額が大きい場合には、
その時点で審査落ちです。

 

これは街金も同様で、他の人は同じ内容で、
借りていたという場合でも、ケースバイケースで審査は違います。

 

 

返済できない人には貸さない

街金の審査では、
返済ができることが、大きな焦点になります。

 

低い収入だとしても一定だとか、
定期的な収入が、確実にある。

 

勤続年数も長く、転職の心配がない、
社会保険証があるなどの、細かな審査があります。

 

いずれも仕事を辞めないことで、
返済が、延滞しないことの信用です。

 

このあたりも審査の差が出る部分で、
収入が安定しているほど、審査落ちの危険性がないです。

 

個人信用情報機関でわかること

ブラック対応の街金では、個人信用情報機関の内容で、
長期延滞や踏み倒し、債務整理も、
何回も行っているなどの、データを確認します。

 

過去は無関係、未来を見て判断の中、
小消費者金融や街金ですが、その信用情報の、
金融事故の内容で、大きく変わることになります。

 

ですから、過去に大きな金融事故があったりした場合でも、
街金の、審査落ちになることがあります。

 

もう少し時間が経てばいいんだけど、そんなことを言われることも。

 

ちなみに、大手消費者金融の審査落ちも、
10年程度キャッシングをしなければ、カードも普通に持つことができ、
キャッシング審査に、落ちることもないです。

 

わざわざ街金ではなく、大手消費者金融や、
銀行カードローンで堂々と申し込みができます。

 

街金に縁を持ちたくない方は、我慢しかないです。

 

▲メニューに戻る

 

 

大手消費者金融審査落ちでも街金は審査落ちではない?

口コミの街金は、大手消費者金融審査落ちでも、
借入ができると言うのは、本当の情報です。

 

ブラック対応と言うのは、審査落ちの方を、
対象にした、キャッシングがあるという内容です。

 

具体的には、金融事故があったとしても審査をするのですが、
債務整理や、多重債務者でも、街金で借りれた体験談は多いです。

 

他社で断られた方はご相談下さい

街金のホームページで、このような説明があるところも。

 

これは、一応他社審査落ちでも、
審査の用意があると見て、良いでしょう。

 

その他社とは、大手消費者金融や街金、
中小消費者金融などです。

 

ブラックOKと書いてあることはないのですが、口コミ的に言えば、
この他社お断りOKは、ブラック対応の印みたいなものです。

 

これがあると、甘い審査の街金と判断ができます。

 

大手消費者金融と街金の審査の違い

金融事故対応の街金では、ブラック融資ができます。

 

金融事故者にも、キャッシングの機会があるのですが、
大手消費者金融のように、カードローンで限度額ではなく、
希望する金額の、申し込みの形になります。

 

申し込みでブラックだと言わなくても、街金の審査段階で、
ブラックであることは、個人信用情報機関の確認で、バレてます。

 

その事自体、審査落ちにはならないのですが、
ここからが甘い審査の始まりです。

 

 

信用情報ではNG項目もある

すべての金融事故が良いのではなく、
総量規制と延滞でブラックになると、街金でも借入ができないです。

 

信用情報機関では、全ての借入と、返済の情報がありますが、
すでに総量規制範囲内だったり、多重債務も5件。
延滞をしている状態での、申し込みなどでは、街金審査落ちです。

 

債務整理でも申し込みはできますが、
1年未満の申し込みもNGと、ブラック対応と言いながらも、
なかなか審査に通らない方も多いです。

 

そこで、甘い審査の街金の審査通過率が、
70%台というのが厳しい数字です。

 

100%じゃないんだ。

 

大手消費者金融、街金審査落ちでキャッシングNG時代

いろいろな理由から、全ての金融業者からの、
申し込みが、できない時もあります。

 

ブラックリストだけであれば、時が経てば解決ができます。

 

債務整理にしても、完済ができない場合に減額することで、
任意整理、個人再生、自己破産などがあります。

 

これも実は時間の経過で、個人信用情報機関の内容更新を待てば、
キャッシングが、できる場合があります。

 

しかし、収入証明書のある仕事に就く、会社員などで安定した収入や、
延滞をしないなどの、他の要因も、審査では必要です。

 

個人信用情報機関の内容は、甘い審査の街金でもここはNGがあり、
ある街金で、債務整理で、任意整理と個人再生はOKだけど、
自己破産の場合は、NGとはっきり明記している場合があります。

 

また、債務整理をした金融業者に、
再び申し込むのは、審査落ちになります。

 

▲メニューに戻る

 

 

街金の賢い利用法

街金の審査基準は、確かに甘いです。

 

口コミなどを見ると、債務整理した人や、
多重債務などでも、借入ができたと多いです。

 

楽々のキャッシングができる方もいて、
審査はどうなっているのでしょう?

 

ブラック対応は本当

大手消費者金融や、銀行カードローンと、
審査基準が違う点で、審査が甘いということです。

 

ですから、大手で借りれない人でも、
街金で楽に、キャッシングができるのは当然のことです。

 

借入件数も違うし、債務整理後の時間の経過も、
街金では余裕があります。

 

ただし、延滞と総量規制範囲内だけは、
大手も、街金も、同じ審査のようです。

 

ですから、大手消費者金融・街金のW審査落ちの方も少なくないです。

 

 

借り過ぎ注意

多重債務では、総量規制範囲内であれば、ある程度借入ができるのですが、
ここで新規キャッシングをしたら、返済が危ないと思ったら、
すぐに債務整理を考えて下さい。

 

ブラックリストになりますが、延滞をしたり、
返済ができなくて、債権者からの請求前に、債務整理です。

 

返済ができなくなってしまったので、任意整理などを始めましょう。

 

任意整理と個人再生は、返済を減額することです。

 

自己破産は、借金ゼロになるのですが、手続きが面倒です。

 

弁護士依頼で、自分は何もしなくても良いのですが、
一言、債務整理宣言をしたら返済の必要がなくなるのです。

 

これを知らない方は多いのですが、
大手消費者金融審査落ち、多重債務者で債務整理。

 

宣言と同時に返済ストップ。

 

あとは債権者との話し合いで解決迄はそのままです。

 

意外と、それでキャッシングしてなく済んだという方もいますが、
債務整理は、債務者にとっての権利ですから、
堂々と行ってしまえば良いのです。

 

そして、街金

債務整理後、1年程度経てば、
街金キャッシングの審査に、通ることは多いです。

 

これが、この1年前に、多重債務者でぎゅうぎゅうに借りるのではなく、
債務整理後のブラックキャッシングで、
小口融資ですが、少しずつ信用を高めることができます。

 

要は借り過ぎたら、多重債務になり、債務整理がおすすめということです。

 

その後、街金利用で、ブラックキャッシングが良いということです。

 

しばらく、大手消費者金融などの借入ができないのですが、
街金のキャッシングにしても、大した金利も変わらず、
カードローンのある街金もあります。

 

しばらく、ブラックキャッシングからも解放されないのですが、
再び、大手消費者金融や、銀行カードローンで使用したい方は、
ブラックキャッシングは禁止です。

 

それをせずに、審査落ちの謹慎期間を、
大人しくしているしかないでしょう。

 

▲メニューに戻る