×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お金借りたくても借りられない

返済状況が良いのなら中小消費者金融の審査は通る?

消費者金融の審査に通らないのは、それなりの理由が存在

◯◯だから審査落ちですと言う公表はないのですが、最近では消費者金融一覧サイトなどの口コミサイトで、その内容を知ることができます。

ブラックリストは大手消費者金融には行くな
ブラックリストとは、個人信用情報機関の内容の異動情報がある方です。
金融事故とも言いますが、借入状況が悪い、債務整理をしたなど、金融トラブルを抱えている方です。
どんな内容かというと、多重債務、債務整理、延滞、総量規制超、限度額をはみ出すなどです。

本人の自覚がないのは多重債務者です。
大手消費者金融でも、2社目の申し込みは案外とすんなりいきます。
貸金業法では、総量規制範囲内であれば、原則借入は自由です。

多重債務の縛りは、それぞれの金融会社の基準によるもので、大手消費者金融では2社〜3社程度とされています。
ですから、他社借入2社の借入をしていて、3社目を大手消費者金融にという方は、しない方が無難です。
既にブラックリストになってしまっているかもしれません。

申込ブラック
大手消費者金融のブラックリストの種類の一つに、申込ブラックがあります。
3社目の申込がプロミスでダメ、もう一回してみよう、今度はアイフルというように、立て続けに申込をした場合、全て個人信用情報機関の記録されます。

この人は、審査落ちなのに申込を続けている。
数回の申込の時点で、要注意人物とされ、ブラックリストになります。
借入限度額はまだ余裕があったとしても、別の理由での審査落ちでの申込ブラックは不本意な審査落ちといえます。

約半年間のブラックリスト期間になってしまうのです。
申込をして審査落ちをしたのなら、同じカードローン会社、大手消費者金融の申込は絶対にしないことです。
何かしらの理由での審査落ちですから、借入状況が改善するまで、融資はできないと思って下さい。

中小消費者金融のキャッシング審査
甘いとされるキャッシング審査ですが、申込ブラックも対応しています。
総量規制範囲内なら、借りれる方もいますが、多重債務者や他の原因追求のために、細かな審査は必要になります。

それでも審査基準は低いですから、借入金額が低いのなら、返済能力さえ証明できたら、借りれることもあります。
中小消費者金融の審査通過の基準としては、
  • 多重債務者でも返済能力がある
  • 債務整理者でも返済能力がある
が基本のスタンスですが、きちんと勤務先の在籍確認と収入証明書が提出できることが必要です。
なんとか返済できるからではなく、きちんと書面での対応が求められます。

金融事故を恐れない
大手消費者金融審査落ちでも、どうしてもお金が必要な方で、返済状況に自信がある方は、中小消費者金融の申込をしてみて下さい。
中小消費者金融や街金というと、ヤミ金ではないかと躊躇する方もいますが、正規金融業者であり、審査が甘いだけの金融業者です。

中小消費者金融各社の審査内容については、情報サイトに詳しいです。
複数のこのようなサイトで名前が出てくる金融業者こそ、安心です。
ここで借りれない方は、債務整理を考えて下さい。

関連ページ

中小消費者金融は絶対正規金融業者を探して
中小消費者金融は絶対正規金融業者を探して。正規登録の中小消費者金融は安全。金融庁では届け出をした金融会社には登録番号をつけています。更新が必要なことで、健全経営をしている場合のみ、更新ができます。この、金融庁登録番号が存在していることで、ヤミ金ではなく正規金融業者として認められることになります
キャッシングと属性、在籍確認の重要性
キャッシングと属性、在籍確認の重要性。借りやすい属性と借りにくい属性。消費者金融や銀行カードローンの申込の時に、金融業者側では、属性に注目をします。どんな人?ということで肝心なのは、勤務先と勤続年数です
ブラックリストがキャッシングを受ける方法
ブラックリストがキャッシングを受ける方法。ブラックリストでは借りれない、大手消費者金融と銀行カードローン。大手カードローン会社では、原則ブラックリストのキャッシング機会はゼロ。審査の甘いブラック対応の中小消費者金融や街金への申込が妥当です