×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

街金審査が通らない人はどうする?

街金審査が通らない人はどうする?

街金審査が通らない人はどうする? 関連記事


 

 

街金審査が通らない人はどうする?

消費者金融ってイメージ。最近は普通に定着しつつある?

 

とは言え、お金の関わりごとって、基本的には良いイメージってないですよね?

 

お金絡みは良くも悪くも、人との関係を変えてしまう恐れがね。

 

消費者金融でお世話になろうと思っている人。
やっぱり、お金の存在が必要となっているのでしょう。

 

お金の工面をしないといけなくなってしまっている状況が、今の自分を追い込んでいるという事に・・・。

 

自分の立場。
いろんな立場があるかとは思われますが、その対応をするのだって、自分にかかってくるかとね。

 

街金が手頃になってくる?
庶民には、近寄りやすい場所になってくるのかもね〜。

 

そんな街金になりますが、街金審査が通らない人はどうする?

 

それって最悪な結末。
どう対処するべきか・・・って事でしょう。

 

自分の過ちは注意しないと。
自分の行いが、自分に返ってくるっていう事に、繋がっていくかと思われますよ。

 

一度の過ちは一生の過ちになってくるでしょう。

 

 

▲TOPにもどる

 

銀行カードローン審査に通らない時には街金に行こう


銀行カードローン審査に落ちた時、消費者金融に申込に行く方が多いです。
その時に、大手消費者金融ではなく、街金に行ってみませんか?

 

街金とは?

もし街金のことを知らないのであれば、カンタンに言うと、ブラックでも借りれる金融業者です。
ブラックと言えば、大手消費者金融や銀行カードローン審査落ちの方を指すことが多いですが、債務整理経験者で5〜10年はブラックリストと思っている方は多いです。
街金の申込者は、この債務整理ブラックリストでも借入ができます。
5年待たずに借入ができるところなのです。

 

信用情報の金融事故

街金で対応する金融事故は、債務整理と多重債務です。
多重債務者に関しては、総量規制範囲内が原則で、年収3分の一の範囲内なら借入ができます。
返済額があまりにも大きいと返済能力と釣り合わないのですが、あくまでも総量規制範囲内が原則です。
金融事故の基礎知識として、消費者金融では必ず総量規制に縛られていることは認識しておくと良いでしょう。
ですから、大手消費者金融では多重債務者で2件以上は借入金額に関係なく審査落ちですが、街金では総量規制範囲内であれば、数万円、街金によっては数千円からの小口融資のキャッシング審査が行うことができます。

 

銀行カードローンからの街金

銀行カードローン審査落ちで大手消費者金融にいかないで審査の甘い街金に行くことでより審査が通りやすいことが考えられます。
大手消費者金融の審査に通らないで街金に行くのではなく、すぐに街金に行くことで確実にキャッシングができる可能性が大きいです。
収入があることは当然ですが、担当者が電話で在籍確認をして、審査が完了します。
借入方法はたいてい振込キャッシングですが、審査時間はそれぞれです。

 

ブラックの状態での申し込みでは、審査が長くかかってしまうとも言われています。
事故情報の内容によっては、直接何度も電話がかかってくる、借入額が大幅に下げられるなどの口コミも聞かれます。。
それでも時間がかかっても借りられることもありますが、審査落ちになる申込者も多いです。
インターネットで簡単に申し込みができるのもメリットの一つです。

 

街金を知らない方は多いです

最近ではセントラルのようにカードローンができるところもあり、来店不要で全国対応の街金も増えています。
そして、街金経験者も多くインターネット内では、街金情報サイトもあちこち展開しています。
そこの情報は参考になるものが多いですが、特に申込条件、闇金との違い、スペックなどは良く確認をして下さい。

 

金利は大手消費者金融や銀行カードローンより高めですが、20%を越えることは絶対にありません。
利息制限法で定められた20%を越える貸金業者はヤミ金業者ですから、気をつけましょう。
また最大限度額も年収3分の一の総量規制範囲内となっています。

 

 

▲TOPにもどる

 

なぜ小口融資にこだわるのか?


小口融資專門の街金は、大手消費者金融とは違います。
一番の違いは、審査基準が甘いことで、ブラックでも借りられる柔軟審査が注目されています。

 

個人信用情報の内容の審査が甘い

細かく言うと、審査が甘いのは信用情報部分です。
申込者の個人情報では、収入があることは大原則で、担当者が行う在籍確認ができない審査落ちです。
ですから、甘い審査でも無収入、年金受給者、生活保護者などの収入がない方は申込条件に合わないです。
専業主婦だけ特別で、配偶者貸付制度が使える街金はあります。

 

信用情報の審査ですが、ブラックの中で多重債務や債務整理には対応します。
延滞者や滞納者などの内容、多重債務も5社以上の場合、収入が少ないのに借入金額が多いなど、返済能力がないと見なされた場合は、審査に通らないことが多いです。

 

審査の甘いキャッシング業者と聞いて、なんでもOKと思ったら大変です。
あくまでも働いていて、収入があるけれど、信用情報の内容がブラックという方が審査対象になります。
よって、街金でも審査に通らない方はいます。

 

なぜ小口融資?

小口融資になるのはブラック申込者です。
大手消費者金融でも審査に通る方の申込の場合、最大限度額はその方の総量規制になります。
審査で返済ができる範囲なら、普通に借りることができます。

 

あえて小口融資專門としたのは、街金申込者のほとんどが多重債務者や債務整理経験者だからです。
ブラックでもキャッシングができる基準ですが、最初は少なく信用力を確認の意味もありますし、多重債務者の場合は、総量規制範囲があまりない方の方が多いです。
1万円からと設定されている場合が多いです。

 

また、実際の返済に関しては、大手消費者金融手や銀行カードローンより高めの金利設定になっています。
返済能力は確認しますが、完済するまでの信用もない状態です。
果たしてきちんと返済日を守るかが最初の融資で試されます。

 

希望額があり決定額が決まり、その金額だけのキャッシングで、100万円まで出し入れ自由という借入方法ではないことが多いです。
決められた金額の振込でキャッシングになりますから、使い勝手は大手消費者金融のようではないのですが、ブラックでも借りられると評判なのです。

 

あと数万円足りない、ピンチというブラックにとっては根街金の存在はとてもありがたい存在です。
街金にしてもそうしたブラックの利用で、完済さえしてくれれば対応してくれます。
互いの持ちつ持たれつの関係ですが、街金での延滞の場合、取立はとても厳しいです。
ですから、返済計画が立てられない場合の申込はしないことです。

 

 

▲TOPにもどる

 

審査に通らない時に行うこと


街金に落ちた場合、行うことは2つです。

 

もう一度違う街金に申し込む

街金の中でも小口融資とか、極甘審査とされるところに申込をしてみて下さい。
本来は、信用情報が行くと、難しい審査ですが、数万円の範囲での借入の可能性はゼロではないです。
こうしたキャッシング業者では、他社中小消費者金融の審査落ちが集まるところとして、ここが最後の街金とか、ここでダメなら諦めろという情報サイトも多数あります。

 

100%の保証はありませんが、少なくとも他社の中小消費者金融よりは審査が甘くなっていることがあります。
まれに、20%をオーバーしてしまう街金もあります。
本来なら正規金融業者ではないのですが、闇金のような横暴な借入方法ではなく、真面目なキャッシング業者も存在しています。
ソフト闇金でもないところです。

 

絶対に債務整理

いやいや、街金審査落ち後は債務整理でしょう。
多分審査担当者も、このままでは自己破産をした方がいいよと忠告してくれることでしょう。
そう言われたときには素直に従うべきです。

 

収入が少ない、返済計画も立てられない、何と言ってもここで借りたとしてみ返済でき目処がたたない場合は、街金では審査落ちになります。
延滞者や滞納者は最初から信用力がゼロですが、あまりに多い多重債務者や無収入など、返済責任がどうしたって取れない方も審査は通らないです。
債務整理は、自分で行うことができます。

 

任意整理などは債権者に直接交渉をしますが、自己破産など手は簡易裁判所に行き手続をすすめることができます。
弁護士なども借金相談に対応していて依頼することもできます。

 

債務整理はしたくない

その理由として、面倒、お金がかかるなどがあります。
放っておいていいんじゃない?と思うのですが、それは絶対にしてはならないことです。
ある時給与から差し引かれます。

 

おいおい知らないよでは済まされず、債権者は法的な手続により、勝手に引き落としをします。
ですから、そんな事にならないうちに、債務整理も法的な手段です。
街金審査落ちということは、個人信用情報の内容は、借金などは絶対にできない、将来のローンなどもできない状態になっています。

 

借金をして返済ができないというときは、きちんと債務整理をするのは返済者の義務です。
面倒ですが、自己破産になれば、借金ゼロになる可能性もあります。
と考えると、希望もでてきませんか?
借金ゼロで喜んでは行けないのかもしれませんが、苦しい多重債務者の借金がなくなると言うのは、本人にしてみれば天にも昇る心地でしょう。

 

 

▲TOPにもどる

 

街金に審査落ちの理由


街金の審査に通らないときには、個人情報か信用情報に何らかの問題がある時です。
その街金の審査基準に合わないということですが、たいていブラック対応ですかから、よほどのことです。

 

収入がない・足りない

無収入は街金では申込条件に入りません。
パートやアルバイトもOKですが、年間50万円程度の年収ですと審査は難しいでしょう。
専業主婦の配偶者貸付制度がありますが、配偶者がブラックなら審査は通らないです。
申込先の勤務先へは担当者が電話をかけ在籍確認をしますが、それがうまくいかなかったり、転職したても信用がないです。

 

個人信用情報ではOKだったとしても、在籍確認を含む収入に関してはのNGは街金審査ではとても厳しいです。
少ない収入で、多重債務の場合は余計に審査通過が難しいです。
こんなに借金があるのに、ここで借りても返済ができないでしょう?というのが審査に通らない理由です。
街金の審査に通らない方は、たいていこのセリフが審査落ちの理由になります。

 

債務整理経験者は大丈夫とあった

確かに、街金で利用者の中で債務整理経験者は多いです。
でもその内容は、銀行カードローンの自己破産で2年経っている。
仕事をしているけれど、任意整理の返済をしていて、返済に余裕があるから街金に申し込んだと言うものです。

 

債務整理も1年以上のブランクが必要、なおかつ一定の収入を必要とします。
どんな債務整理も対応ではなく、ある程度のブランクや返済能力があることが必須条件になります。
ここは気をつけましょう。

 

最近人気のセントラル

比較的審査が甘い街金セントラルは、カードローンでできます。
関東圏に無人契約機も増えて人気です。
最大限度額は年収3分の一の総量規制範囲内ですが、振込キャッシング同様に決められた範囲内のカードローンができる画期的で先進的なキャッシング業者です。

 

ここの担当者の対応はとても良いのですが、延滞をしたり、滞納したままでいると取立で豹変するとの評判もあります。
街金では信用があるうちは態度は柔軟です。
問い合わせなどもきちんと対応してくれますが、一度信用を失うことで、大手消費者金融にはない怖い思いをします。

 

街金審査は柔軟です。
その審査落ちということはよほどの理由ですが、街金での延滞と言うのはバチが当たる行為です。
ですから、無理してキャッシングをすることは絶対にしないで下さい。
街金では債務整理にも対応していますから、年月はかかりますが、今は無理せず、債務整理後のキャッシングを目指すのも一つの手です。

 

 

▲TOPにもどる

 

街金審査が通らない人ってなぜに?

世の中にはお金を貸してくれる所ってなれば、いくつか頭には浮かんではくるでしょう。

 

日頃からお金に対してメリハリを付けていて、きちんとしていたら、もしもの時は、どうにかしてお金を工面できるって感じでね。

 

身近になっているのが、消費者金融って感じでしょうね。

 

一般庶民にだってそこまで恐怖感がなくなってきたし、街中にも良く見かけるようになってきたことでしょう。

 

という事で、お金を借りることに対して、抵抗の気持ちって軽減されつつあるのかもしれませんね。

 

消費者金融選び・・・。
これが結構厄介であり大切な事。

 

数多くの消費者金融が世間では出回っているはず。
かなりの支持を得ている消費者金融もあれば、名の知れていない消費者金融だってね。

 

でもって、消費者金融の業者によって、審査ってあるかと思われますが、それの内容が違ているかとね。

 

審査の通過があってこそ、お金を借りれるという事に。

 

街金審査が通らない人ってなぜに?
街金が結構安全パイとは思われつつ・・・・。

 

過去の過ち。
何年たっても、お金のトラブルは抹消されないかとね。

 

それだけは覚えておきましょうね。

 

▲TOPにもどる