×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お金借りたくても借りられない

キャッシングと属性、在籍確認の重要性

借りやすい属性と借りにくい属性

消費者金融や銀行カードローンの申込の時に、金融業者側では、属性に注目をします。
どんな人?ということで肝心なのは、勤務先と勤続年数です。

公務員がベストポジョン
国内の金融会社では、20歳以上で収入がある方が申込対象です。
未成年の申込はできないのですが、婚姻関係のある18歳の専業主婦は、銀行カードローン審査に通ります。
銀行カードローン審査だけは専業主婦の属性は認められていて、特別です。
消費者金融の貸金業法とは違い、銀行カードローンは銀行法が適用されるためです。
そして、消費者金融でも銀行でも公務員の申込者が大歓迎です。
というのも、職業と収入だけを見ると、倒産しない、確実に昇給することで、返済状況が良くなることが保証されています。

在籍確認の存在
こうした収入の出処である勤務先に在籍しているかどうかを確認する在籍確認は絶対的な審査です。
担当者が電話をして、◯◯さんはいますか?と聞くだけのことですが、申込者以外が応対、本人が勤務先にいることで、きちんと働いてることが証明されるのです。
どんな金融会社でも行われる在籍確認ですが、これがどうしてもできない場合があります。

貸金業者は在籍確認を最重視する
風俗関係、できたばかりの会社、個人事業主などで在籍確認が困難な方がいます。
電話ができない、電話がないといった会社では、在籍確認ができず、審査は通りません。
個人事業主では自宅にかかってくるのですが、携帯電話しかない場合、審査落ちの金融業者もあります。
確定申告書などでなんとか証明ができることもありますが、個人事業主1年目などは信用してもらえないこともあります。
風俗関係では、夜中の在籍確認に対応しない、会社ができたばかりで固定電話がない勤務先など。
これらは、ブラックではない方でも在籍確認ができないことで、審査落ちという事態になります。

勤続年数の問題
できたての会社、独立1年目の個人事業主の場合は、勤続年数が少ないことで、収入の保証がないことが原因です。
初めてのキャッシングでスーパーホワイトの状態であったとしても、です。
属性が良い公務員だとしても、新入社員では、審査通過はできないこともあります。

このような在籍確認に関しては、中小消費者金融でも甘い審査にならない点です。
街金など、多重債務者や債務整理者は受け入れても、在籍確認ができない方のキャッシングには消極的です。
個人信用情報機関に金融事故がないとしても、しばらく働いて収入の保証がなければ信用されないということです。
これは貸金業法、銀行法でも決められていることです。
転職したての方なども注意が必要です。

関連ページ

返済状況が良いのなら中小消費者金融の審査は通る?
返済状況が良いのなら中小消費者金融の審査は通る?消費者金融の審査に通らないのは、それなりの理由が存在。◯◯だから審査落ちですと言う公表はないのですが、最近では消費者金融一覧サイトなどの口コミサイトで、その内容を知ることができます
中小消費者金融は絶対正規金融業者を探して
中小消費者金融は絶対正規金融業者を探して。正規登録の中小消費者金融は安全。金融庁では届け出をした金融会社には登録番号をつけています。更新が必要なことで、健全経営をしている場合のみ、更新ができます。この、金融庁登録番号が存在していることで、ヤミ金ではなく正規金融業者として認められることになります
ブラックリストがキャッシングを受ける方法
ブラックリストがキャッシングを受ける方法。ブラックリストでは借りれない、大手消費者金融と銀行カードローン。大手カードローン会社では、原則ブラックリストのキャッシング機会はゼロ。審査の甘いブラック対応の中小消費者金融や街金への申込が妥当です